イベント・セミナー情報

決算書が苦手でドンブリ経営になっている社員50人規模以下の中小企業の経営者の方必見! たった一つの図で簡単に会社の数字が把握できる「お金のブロックパズル」とは?

  • 主催者:合同会社スタイルマネジメント

    開催日時:2018年04月17日14時00分 ~ 2018年04月17日16時30分

    会場

    会場住所:大阪府大阪市東淀川区東中島東口ステーションビル3F

    アクセス:新大阪東口から徒歩1分

    参加費:3,000円

    その他:特典:資料提供あり 必須情報:電話番号、所属 (企業名など)、役職

    主催者URL

    登録日:2018-03-15 07:59:51

イベント・セミナー内容

  • 概要
    ◆セミナーの内容
    0~15分
    1)中小企業経営者が学ぶべきお金の話とは?
    ・会社のお金の話は、正確性を求めると難しくなる
    ・経営者が学ぶべきお金の話は、経営判断に使えること。学んではいけないのは、専門的な仕訳や決算書の話 
    15~75分
    2)売上・経費・利益をたった一つの図で表す「お金のブロックパズル(→下図)」とは?
    75~120分
    3)「お金のブロックパズル」を活用することで得られる経営上のメリットとは?
    ・売上が10%増えたら、利益は○%増える!
    ・「お金のブロックパズル」でできる経営の意思決定とは?
    ・前年対比や他社対比ではなく、社員にも納得してもらえる根拠のある売上目標の立て方とは?

    詳細
    ●セミナー後、「お金のブロックパズル」を経営に取り入れたクライアントの変化
    ・「お金のブロックパズル」で、現状の把握をすると、変動費、固定費など下げることは難しく売り上げアップが第一優先だと分改めて認識する。売上取引先一覧を確認したり、販売価格の見直しで、前年300万赤字から400万黒字にV字回復。
    半年~一年先のお金の流れが見えるようになり、お金に対するモヤモヤ感、不安感が減少した。このため、社長に精神的に余裕ができ、最近では新規事業の展開や、別会社の設立など、「社長の本業」に時間を割くことができている。
    ・当初は、売上高50%超を占める主要取引先に対する年間売上予定額が大幅に減少し、現状では赤字になることがほぼ確実となるような状態。そこで「お金のブロックパズル」を活用し、まずは現状把握。そこからキャッシュフロー計画表をもとに、毎月のPDCAを回転させ、社長が積極的に動くことにより、黒字を維持できた。

    ●これまでの本セミナー参加者の感想
    ・「『お金のブロックパズル』を使うことで、売上10%アップで利益が3倍になるカラクリが分かりました。」
    ・「これまで会社のお金の流れを理解できていなかったが、数字を見える化して頭の整理ができるようになった!」
    ・「これまでのモヤモヤしていたものがなくなり、売り上げアップ、利益アップに向けてやっていきそうです。」

編集・削除