イベント・セミナー情報

SNS本質を弊社の実績と共に紐解いていきます!

  • 主催者:株式会社ONPA JAPAN

    開催日時:2018年07月26日17時00分 ~ 2018年07月26日18時30分

    会場

    会場住所:東京都渋谷区東祐ビル2F

    アクセス:JR各線 恵比寿駅 徒歩6分

    参加費:0円

    その他:持参品:お名刺 必須情報:住所、電話番号、所属 (企業名など)、役職、所属組織の住所、所属組織の電話番号

    主催者URLhttp://www.onpa-japan.com

    登録日:2018-07-12 07:09:39

イベント・セミナー内容

  • 概要
    企業がBtoCのプロモーションを行う上で重要度が高まっているのがソーシャルプロモーションです。

    ユーザーと頻繁にコミュニケーションが取れる時代になっていることで、
    企業側もSNSアカウントを立ち上げて受け皿を構築することは必要不可欠になっています。

    ただし、しっかりとしたリソース確保や計画がない状態により満足する結果が得られていない企業が少なくないのも事実。

    そんな企業の力にもっとなりたいという想いから、より多くの方との出会いを求めてセミナーを開催しています。

    詳細
    ▼運用事例の紹介
    事例1:生活用品の商品アカウント
    目的:商品ページ以外での購入者/見込み購入者の受け皿を構築
    KPI:#投稿件数、リーチ数、フォロワー数
       ┗「投稿数=商品購入」というところからフォロワー数よりもユーザー投稿件数を重視
    概要:
    クライアント様の社内で初めてとなる、単一商品の公式Instagramアカウントの立ち上げから担当。
    立ち上げから3ヶ月の基本運用を経て、Instagram広告、インフルエンサー企画の実施などInstagramを中心とした戦略の基盤を構築。
    10ヶ月後には単一商品からブランドのアカウントへと格上げを行いプロモーションの核となってきている。


    事例2:食品メーカーの公式アカウント
    目的:20代・30代の新しいリーチ獲得
    KPI:#投稿件数、リーチ数、フォロワー数
       ┗「投稿数=商品購入」というところからフォロワー数よりもユーザー投稿件数を重視
    概要:
    SNSを通じて、料理の楽しさを伝えるために公式アカウントを活用。アカウント立ち上げから運用方法がスキーム化されていないことで運用全般を担当。ユーザー投稿が増加することを狙った企画や投稿キャンペーンを実施。ユーザーによる公式アカウントのタグ付けや、オリジナルハッシュタグの投稿数が増加するなどユーザーを巻き込んだ展開に発展。注力した商品のEC売上増加を実現し、他の商品へのプラスワンも発生し、全体の売上アップに貢献。


    事例3:美容品メーカーの公式アカウント
    目的:広報活動(イベントの様子)を含めた情報発信ツールの確立
    KPI:フォロワー数、#投稿件数、リーチ数
    概要:
    サロン向けのネイル機械を販売しているメーカーの公式アカウントを担当。元々Facebookでの情報発信を行っていましたが、リーチレート変更によるリーチ数の減少からInstagramアカウントを開始。ネイルデザインの発信とマシーンの紹介を行い、DMによるユーザーとのコミュニケーションも活発に行われている。直近ではショッピング機能の導入によりWEBページへの流入も増えてネットプロモーションの中心としてInstagramを据えている。

編集・削除